A far-infrared light source for evaluation of STJ detectors in COBAND Experiment

DOI

Bibliographic Information

Other Title
  • COBAND実験のためのSTJ検出器性能評価用遠赤外光源開発

Description

<p>COBAND実験とは宇宙背景ニュートリノが二体崩壊で放出した光子を宇宙空間でSTJ検出器により測定を行うものである。この測定によりニュートリノの質量を求めることができる。ここで使うSTJ検出器は開発途中でその検出器の性能評価にはニュートリノ崩壊光子と同程度のエネルギー領域を持つ光源が必要である。そこで我々は、福井大学の遠赤外分子レーザーを利用して、STJ検出器性能評価用遠赤外光源の開発を行っている。講演ではその光源開発の現状と今後の課題について報告する。</p>

Journal

Details 詳細情報について

  • CRID
    1390282681022659840
  • NII Article ID
    130006708749
  • DOI
    10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_105
  • ISSN
    21890803
  • Text Lang
    ja
  • Data Source
    • JaLC
    • CiNii Articles
  • Abstract License Flag
    Disallowed

Report a problem

Back to top