時間反転対称性の破れの探索における、高計数率中性子検出器の開発

DOI

書誌事項

タイトル別名
  • High Count Rate Neutron Detector for Search of T-Violation

抄録

<p>我々は原子核の複合核共鳴を用いて、時間反転対称性の破れの探索に取り組んでいる。この実験において必要な統計数の確保のために、1Gcpsの検出計数を持つ中性子検出器が必要となる。しかし現行の検出器では十分とは言えず、高計数率を持つ中性子検出器の開発が必須である。その上で正確な中性子数の把握のために、γ線バックグラウンドの排除も必要となる。当講演では現状の開発の進捗及び今後の展望について報告する。</p>

収録刊行物

詳細情報 詳細情報について

  • CRID
    1390282681024745984
  • NII論文ID
    130006711340
  • DOI
    10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_356
  • ISSN
    21890803
  • 本文言語コード
    ja
  • データソース種別
    • JaLC
    • CiNii Articles
  • 抄録ライセンスフラグ
    使用不可

問題の指摘

ページトップへ