Soy, Isoflavones and Breast Cancer Risk in Japan

DOI

Bibliographic Information

Other Title
  • 日本における大豆, イソフラボン, 乳がんリスクの関係

Description

味噌の機能性として, コレステロール制御, 抗腫瘍性, 抗変異原性, 抗酸化作用などが知られている。特に, 1981年に平山雄博士 (元国立がんセンター研究所疫学部長) が, 味噌汁の摂取頻度と胃がん死亡率について疫学的調査を行い,“味噌汁ががん予防に効果がある” という説を出されて以来, 味噌の機能性に関心が集まり, 種々の機能が次々に明らかにされてきた。筆者は, 1990年にスタートしたコホート研究に携わられ, 大豆, イソフラボンの摂取が乳がんリスクの減少と関係があることを示して注目された。(編集部)

Journal

Details 詳細情報について

  • CRID
    1390282681079527296
  • NII Article ID
    130004306863
  • DOI
    10.6013/jbrewsocjapan1988.99.100
  • ISSN
    21864012
    09147314
  • Data Source
    • JaLC
    • Crossref
    • CiNii Articles
  • Abstract License Flag
    Disallowed

Report a problem

Back to top