【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

ニセアカシア (Robinia pseudoacacia L.) は渓畔域から除去可能か?

  • 崎尾 均
    埼玉県農林総合研究センター森林研究所

書誌事項

タイトル別名
  • Can an Exotic Plant, Robinia pseudoacacia L., Be Removed from Riparian Ecosystems in Japan ?
  • ニセアカシア Robinia pseudoacacia L ワ ケイハンイキ カラ ジョキョ カノウ カ

この論文をさがす

抄録

本研究は生物多様性に影響を与えている帰化植物ニセアカシアを除去し在来樹種による渓畔林の再生を目的とした。1997年2月に荒川上流の渓畔域に分布するニセアカシアを伐採除去し, すでに中下層木として侵入している在来樹種の林分に転換できるかどうか検討した。ニセアカシアの伐採後, 切株や地下の水平根から1個体当り平均49.5本の萌芽が発生した。水平根からの萌芽は, 土壌深11cm以内の浅いところから発生した。伐採後に, 相対照度と林冠の空隙率は増加したが, 中下層木として侵入していた在来の渓畔林構成樹種の枝葉の伸張によって, 5年間で伐採前の値にもどった。その結果, これらの萌芽は年々減少し5年後には大部分の萌芽が枯死した。このように, 在来樹種が中下層木として混交しているニセアカシアの林分では, 伐採によって比較的たやすくニセアカシアを除去することが可能であった。

収録刊行物

被引用文献 (11)*注記

もっと見る

参考文献 (22)*注記

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ