Recent research trends on the pathogenesis of nonalcoholic fatty liver disease

  • TAKEHARA Tetsuo
    Department of Gastroenterology and Hepatology, Osaka University Graduate School of Medicine

Bibliographic Information

Other Title
  • NAFLD/NASHの病態研究:最近の動向

Search this article

Abstract

<p>非アルコール性脂肪肝から脂肪肝炎への発症メカニズムは十分に解明されていない.病態を構成する因子が複合的であることから,多様な視点からの研究が必要である.本稿では,非アルコール性脂肪性肝疾患の病態研究に関して,特にこの1年間の進歩に焦点を当て,興味深い研究をいくつか取り上げた.1)肝細胞死に直接関わる脂肪毒性,2)肝細胞障害に引き続く炎症細胞浸潤,3)細胞外小胞と細胞間コミュニケーション,4)臓器相関の1つともいえる腸内細菌叢,5)細胞死と脂肪代謝の双方に関与するオートファジー,などに関して,重要な知見が報告されており,今後の研究の展開が期待される.</p>

Journal

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top