【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

放射線治療が有効であった下顎骨のmassive osteolysisの1例

  • 山村 佳子
    神戸大学大学院医学系研究科器官治療医学講座顎口腔機能学分野
  • 梅田 正博
    神戸大学大学院医学系研究科器官治療医学講座顎口腔機能学分野
  • 福田 全孝
    神戸大学大学院医学系研究科器官治療医学講座顎口腔機能学分野
  • 真砂 洋
    神戸大学大学院医学系研究科器官治療医学講座顎口腔機能学分野
  • 渋谷 恭之
    神戸大学大学院医学系研究科器官治療医学講座顎口腔機能学分野
  • 古森 孝英
    神戸大学大学院医学系研究科器官治療医学講座顎口腔機能学分野

書誌事項

タイトル別名
  • A case of massive osteolysis of the mandible treated successfully by radiation therapy.

この論文をさがす

抄録

Massive osteolysis is a rare disease characterized by continuous and progressive resorption of bone. We present a case of massive osteolysis of the mandible that responded to radiation therapy.<BR>A 47-year-old man was referred to our hospital because of progressive resorption of the mandible. On the basis of clinical and histological findings, he was given a diagnosis of massive osteolysis. He underwent radiotherapy with 40 Gy, and no bone resorption has occurred for 1 year 5 months after treatment.

収録刊行物

被引用文献 (1)*注記

もっと見る

参考文献 (38)*注記

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ