[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

Movement of elution nitrogen from coated urea during winter and spring period by ridging, fertilizing and mulching in autumn of the previous year

Bibliographic Information

Other Title
  • 秋季畝たて,施肥,マルチ作業体系における被覆尿素の冬季から春季にかけての窒素動態
  • シュウキ ウネタテ セヒ マルチ サギョウ タイケイ ニ オケル ヒフク ニョウソ ノ トウキ カラ シュンキ ニ カケテ ノ チッソ ドウタイ

Search this article

Abstract

水田転作では一般にムギ・ダイズが栽培されているが、近年は稲作農家にキャベツ等野菜作導入の方策が検討されている。しかし、北陸地方の春季は融雪や天候条件の問題から圃場の乾燥が進まず、適期に圃場作業を開始することが困難な地域が多い。そこで、前年秋の圃場条件が良好な時期に耕起・畝たて・施肥・マルチを実施し、翌年の早春4月上中旬頃にキャベツやカリフラワー等の定植を実施する作業体系が検討されている。著者らは上記課題において、前年秋に施用された肥料、特に被覆尿素からの窒素溶出が従来提唱されている予測式で推定可能か、市販の土壌ECプローブで被覆尿素からの窒素溶出の簡易計測が可能か、また上記秋施肥作業体系で初夏採野菜を栽培する場合に適切な溶出パターンを有する肥料の選定等を検討した。

identifier:780631

identifier:ZZ20011749

Journal

Citations (0)*help

See more

References(8)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top