[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

A Critical Reinterpretation of the Position of Libraries in the Citizens’ Public Hall Plan During the Occupation Period

DOI HANDLE Web Site Open Access

Bibliographic Information

Other Title
  • 占領期公民館構想における図書館の位置づけに関する批判的再解釈
  • センリョウキ コウミンカン コウソウ ニ オケル トショカン ノ イチズケ ニ カンスル ヒハンテキ サイカイシャク

Search this article

Abstract

<p> 本稿では公民館設置の基点に立ち戻り,公民館を発案した寺中作雄の言説を中心に,公民館構想における図書館の位置づけを検討した。占領期公民館構想においては既存の図書館との関係や公民館内の資料提供サービス機能が提示されつつも図書館界と公民館界による領域横断的な議論はなされず,両者の一体的運営に向けた方向性は示されなかった。両者の関係性は図書館と公民館での個別的連携にとどまった。個別法を持つ図書館と社会教育法に規定された公民館の制度上の複線構造により,図書館と公民館は分離して論じられ今日に至っている。</p>

Journal

  • The Library World

    The Library World 71 (3), 189-203, 2019-09-01

    Nippon Association for Librarianship

Related Projects

See more

Details

Report a problem

Back to top