仮性動脈瘤胆道穿破の2症例

DOI

書誌事項

タイトル別名
  • Two cases of hemobilia caused by a rupture of pseudoaneurysm

この論文をさがす

抄録

<p>症例1:66歳女性.切除不能膵癌に対し化学療法施行中,下血を来し入院となった.造影CTにて胆道出血が疑われ,S状結腸に逸脱した胆管金属ステントを認めた.ERCPを施行するも,活動性出血は認められず経過観察とした.第8病日に吐血があり再度CTを施行すると,造影剤の胆道流出を伴う膵十二指腸動脈瘤を認め,動脈塞栓術にて止血した.症例2:67歳男性.門脈腫瘍栓を伴う肝癌に対し陽子線治療後,再発なく経過していたが,胆嚢炎を発症し入院となり,同日PTGBDを施行した.翌日,ドレーンより血性胆汁の流出を認め造影CTを施行したところ,右肝動脈瘤破裂と診断された.広範な門脈血栓を合併していたため動脈塞栓術は困難と判断し,冠動脈用ステントグラフトを留置し止血を得た.</p><p>異なる背景,機序により仮性動脈瘤胆道穿破を来した2症例を経験した.肝胆膵疾患治療の進歩と多様化に伴い,胆道出血は注意を要する合併症である.</p>

収録刊行物

  • 胆道

    胆道 33 (4), 768-776, 2019-10-31

    日本胆道学会

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ