【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

在宅看護におけるヒーリングタッチの効果に関する事例検討 : パーキンソン氏病の女性の疼痛と心理的苦痛と不眠の軽減効果(研究発表)

DOI
  • 中 ルミ
    NPO国際ヒーリング看護協会・ルミナス訪問看護ケアステーション
  • 天野 博
    NPO国際ヒーリング看護協会・ルミナス訪問看護ケアステーション
  • いとう たけひこ
    和光大学心理教育学科

書誌事項

タイトル別名
  • A Case Study of Healing Touch on Parkinson's Disease in Community Nursing : Focusing on Reducing Pain, Emotional Distress, and Insomnia(Research Paper,The 37th Symposium on Life Information Science)

この論文をさがす

抄録

【目的】本研究の目的は、パーキンソン氏病を発症した患者に対するヒーリングタッチの効果を検討することにある。【方法】パーキンソン氏病を発症した74歳の女性を対象に毎週1回1時間の訪問によるヒーリングタッチの評価を毎月1回行い、その変化を検討した。【結果】筋肉の拘縮の緩和、精神的リラクゼーションの進展、不眠の改善、の3つの効果が顕著に見られた。【考察】身体と、心理と、生活習慣の改善という、3つの側面でヒーリングタッチの効果が確認できた。

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ