高度解析技術が原子力材料研究に与えたインパクト

書誌事項

タイトル別名
  • Impact of Advanced Experimental Method on Nuclear Materials R&D―The Progress of Technology has Brought about a Deep Understanding!
  • 高度解析技術が原子力材料研究に与えたインパクト--最新技術でここまでわかってきた!
  • コウド カイセキ ギジュツ ガ ゲンシリョク ザイリョウ ケンキュウ ニ アタエタ インパクト サイシン ギジュツ デ ココマデ ワカッテキタ
  • ―最新技術でここまでわかってきた!

この論文をさがす

抄録

<p> 近年,原子力材料研究の進展が極めて著しい。それを可能にしたのは原子力材料研究者による高度解析技術の開発であり,その技術開発を支えたのが分析機器,観察装置および計算機の性能の向上である。本解説では,軽水炉圧力容器鋼の照射脆化のメカニズムの理解に不可欠であったナノスケールの照射欠陥などの微細組織の同定やその発達過程の解明において,その解決が困難とされていた学問的課題が高度解析技術により,いかに解決されてきたか,また,そのことが照射脆化予測に与えるインパクトについて,例を示しながら解説する。</p>

収録刊行物

被引用文献 (2)*注記

もっと見る

参考文献 (15)*注記

もっと見る

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ