[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

An Education Curriculum for Physical Risk Communication in Chemical Plants

DOI
  • Nakayama Jo
    東京大学 環境安全本部 横浜国立大学 先端科学高等研究院リスク共生社会創造セ ンター
  • Homma Masato
    北海道大学大学院 理学院
  • Takeda Yoshihito
    (独)製品評価技術基盤機構 横浜国立大学大学院 環境情報研究院
  • Kumasaki Mieko
    横浜国立大学 先端科学高等研究院リスク共生社会創造セ ンター 横浜国立大学大学院 環境情報研究院

Bibliographic Information

Other Title
  • 化学プラント等におけるリスク管理者養成コースの検討と実践
  • カガク プラント トウ ニ オケル リスク カンリシャ ヨウセイ コース ノ ケントウ ト ジッセン

Search this article

Abstract

<p>化学産業で一旦大きな火災爆発事故が発生すれば,工場従業員の怪我やプロセスの損壊だけではなく,工場周辺の地域住民の怪我や避難,住宅の損傷,交通機関の麻痺等の影響も発生する恐れがある.そのようなネガティブなリスクをマネジメントする上で,リスクの特定から対応までに至る各段階において,各ステークホルダーとのリスクコミュニケーションが求められる. 横浜国立大学は,文部科学省平成28 年度リスクコミュニケーションのモデル形成事業(機関型)により,「化学プラント等におけるリスク管理者養成コースの検討と実践」としてリスクコミュニケーションの素養を身に付けた人材育成に資する大学院生向け教育カリキュラムを構築した.本稿では,教育カリキュラムの狙いや検討過程,講義内容を紹介した.</p>

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top