[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

Reverse Shoulder Arthroplastyにおけるスクリュー固定に対するナビゲーションの効果の検討

Search this article

Abstract

<p>我々はより正確な人工関節の設置を目指し,ナビゲーションを導入している.本研究の目的はReverse Shoulder Arthroplasty(以下RSA)におけるスクリュー固定に対するナビゲーションの効果を検討することである.対象はRSA施行後CT撮影が可能であった13例13肩とした.ナビゲーションの使用の有無で2群に分け(使用群8肩,非使用群5肩),使用したスクリュー長及びスクリュー先端から骨皮質までの距離を測定した.スクリューは上方,前下方,後下方,下方の4か所で使用していたが,ナビゲーションの使用の有無で有意差を認めたのは上方スクリューのみであった.(使用群平均29.3mm,非使用群平均21.2mm)スクリュー先端から骨皮質までの距離では有意差を認めなかった.ナビゲーション使用群で上方スクリューのみであったが有意に長いスクリューを安全に挿入できていたと考えた.</p>

Journal

  • Orthopedics & Traumatology

    Orthopedics & Traumatology 70 (1), 80-82, 2021-03-25

    West-Japanese Society of Orthopedics & Traumatology

Details

Report a problem

Back to top