フラビン酵素の酸素還元反応活性及び反応選択性におけるpHの効果

DOI

書誌事項

タイトル別名
  • pH Effect on Catalytic Activity and Selectivity of Flavin Enzyme for Oxygen Reduction Reaction

抄録

<p>窒素ドープカーボンの酸素還元反応活性点はピリジン型窒素によって構成されるが,その活性をさらに向上させる因子を明らかにすることが望まれる。本研究では,ピリジン型窒素を含有し、生体にて高いORR活性を持つフラビン酵素の反応機構に着目した。反応活性および反応電子数のpH依存性を調べたところ、pHの低下に伴ってH2O2の生成量が増加した.この機構について、分光測定等の結果を合わせて議論する。</p>

収録刊行物

詳細情報 詳細情報について

  • CRID
    1390564227329751808
  • NII論文ID
    130007737645
  • DOI
    10.14886/jvss.2019.0_2p51
  • ISSN
    24348589
  • 本文言語コード
    ja
  • データソース種別
    • JaLC
    • CiNii Articles
  • 抄録ライセンスフラグ
    使用不可

問題の指摘

ページトップへ