臨床経験10年以上の看護職者の針刺し反復に影響する要因

DOI

書誌事項

タイトル別名
  • Factors Influencing Repeated Needlestick Injuries Among Nurses Having More Than 10 Years of Clinical Experience:
  • ─パーソンアプローチの観点から─
  • A Person Approach Analysis

この論文をさがす

抄録

本研究は全国調査によって看護職者の針刺し反復に影響する要因をパーソンアプローチの観点より明らかにした。看護職者21,890名中,3,114名(14.2%)が針刺し反復者であり,臨床経験年数10年以上は10年未満と比較し,針刺し反復のオッズ比(OR)が2.798であった。臨床経験年数10年以上の看護職者の針刺し反復に影響する要因として「男性」(OR:1.531),「看護基礎教育の安全教育を受けていないこと」(OR:1.346),「リキャップを行うこと」(OR:1.117),「針捨て容器の不持参」(OR:1.086),「業務は常に時間に追われていると認識すること」(OR:1.063),「採血時に分注を行うこと」(OR:1.058),エラータイプ尺度の「業務ミス」の経験(OR:1.051),楽観性「気楽さ」(OR:0.984)が抽出された。病院内で個人特性に応じた針刺し防止策を検討する必要性が示唆された。

収録刊行物

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ