群れの運動の内在的な切り替え

Bibliographic Information

Other Title
  • ムレ ノ ウンドウ ノ ナイザイテキ ナ キリカエ

Search this article

Description

<p>群れを理論的に扱うのに際して、これまでさまざまなモデルが定義されてきたものの、群れの中で実際には何が起こっているのか?という事を実証しようとする研究は未だ少ない。本稿では、鮎の群れは二つの相異なる行動(直進とトーラス構造)を自発的にスイッチングすることや、個体の向き・速度と全体の向き・速度の関係がベキ則によって関係付けられると言った、実験により新しく得られた知見を議論する。</p>

Journal

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top