[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

心室中隔の菲薄化が目立った拡張型心筋症の犬の1例

Search this article

Abstract

type:論文

拡張型心筋症(DCM)は,心筋収縮能の低下による心室の収縮機能障害と内腔の拡張を特徴とし,重篤な心不全をきたす進行性かつ予後不良の心筋疾患である。DCMの原因因子としては,遺伝的因子,栄養欠乏,代謝異常,免疫異常,感染性疾患,薬物誘発性,中毒誘発性,頻拍誘発性の心筋運動低下などが挙げられている。心エコー図検査では,Mモード法で計測した左室収縮末期径(LVDs)と左室拡張末期径(LVDd)は増加し,左室内径短縮率(FS)が低下する。左室壁の運動性は広範囲に低下し,左室自由壁と心室中隔の壁厚はおおむね均一に減少するのが一般的である。今回,心エコー図検査にて心室中隔の菲薄化が特に目立った。珍しいパターンの犬のDCM症例に遭遇した。

identifier:926267

identifier:ZZ00011639

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top