単一慣性センサとアンサンブル学習を活用した競泳中のターン区間推定

DOI Web Site Web Site 参考文献3件 オープンアクセス
  • 小林 幹京
    長岡技術科学大学大学院工学研究科 情報・経営システム工学専攻
  • 大前 佑斗
    東京工業高等専門学校 電気工学科
  • 酒井 一樹
    長岡工業高等専門学校 電子制御工学科
  • 秋月 拓磨
    豊橋技術科学大学 機械工学系
  • 塩野谷 明
    長岡技術科学大学大学院工学研究科 情報・経営システム工学専攻
  • 高橋 弘毅
    長岡技術科学大学大学院工学研究科 情報・経営システム工学専攻

書誌事項

タイトル別名
  • Estimation Method of Turn Section During Swimming by Using Ensemble Learning and Single Inertial Sensor
  • タンイツ カンセイ センサ ト アンサンブル ガクシュウ オ カツヨウ シタ キョウエイ チュウ ノ ターン クカン スイテイ

この論文をさがす

抄録

<p>我々は,単一慣性センサを活用した初級から中級競泳選手向けの競泳指導システム構築を目指している.このシステムの要件の1つに取得した競技中のセンサデータから泳動作(ストローク,ターン動作)を自動で推定するという課題が存在する.非アンサンブル学習によって泳動作の自動推定を試みた先行研究では,個人によって異なる動作パターンを除去しきれず,汎化能力が低いという課題があった.本論文では,各泳動作内での個人によらない共通のパターンを学習し,より精度の高い動作推定を実現させるため,アンサンブル学習の1つであるランダムフォレストを活用したターン区間の推定を行った.その結果,4泳法全てにおいて,従来の非アンサンブル学習の手法よりも高精度でターン区間を推定できることが示唆された.</p>

収録刊行物

  • 知能と情報

    知能と情報 31 (1), 597-602, 2019-02-15

    日本知能情報ファジィ学会

参考文献 (3)*注記

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ