Evaluation of programming learning materials by brain measurement and eye tracking analysis

DOI Open Access

Bibliographic Information

Other Title
  • 視線,NIRSを用いたプログラミング教材SWITCHED ON Computing 日本版「うちゅうひこうしになってみよう」の評価

Abstract

<p>本研究ではイングランドの小学校の教科「Computing」の教材として利用されている「Switched On Computing」教材を参考にDNP (株)が制作した『うちゅうひこうしになってみよう』の効果について近赤外分光法(以後,NIRSという)とアイカメラを用いて視線を評価し,教材の有用性を検証した.その結果,NIRSを用いた分析では,特に実験2において酸化ヘモグロビン濃度変化があり,脳活動の視点からは有効と推察された.そして,質問紙調査より,2つの操作で課題を解決するこの教材は,矢印操作で慣れさせた後,ブロックプログラミングへ移行させるなど,2つの解決方法を複合的に取り入れることを通して,より脳機能を高める教材であることが明らかとなり,教材の有用性が推察された.</p>

Journal

  • JSSE Research Report

    JSSE Research Report 33 (6), 5-8, 2019-06-01

    Japan Society for Science Education

Related Projects

See more

Details 詳細情報について

  • CRID
    1390564238102811648
  • NII Article ID
    130007655460
  • DOI
    10.14935/jsser.33.6_5
  • ISSN
    18824684
  • Text Lang
    ja
  • Data Source
    • JaLC
    • CiNii Articles
    • KAKEN
  • Abstract License Flag
    Disallowed

Report a problem

Back to top