[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

Wallpaper for Different Indoor Space Atmosphere :Psychological Experiment on Wallpaper Color and Pattern

DOI
  • Yi Zhuang
    Faculty of Art and Design, University of Tsukuba
  • Abe Fuko
    School of Art and Design, University of Tsukuba
  • Yamamoto Sari
    Faculty of Art and Design, University of Tsukuba

Bibliographic Information

Other Title
  • 室内空間の雰囲気に適した壁紙−壁紙の色と模様による心理効果の実験−

Abstract

<p>本研究は,より優れた空間を創出するため,壁紙のデザイン手法を研究する.壁紙の配色と模様をもとに,部屋の雰囲気にあった壁紙の特徴を明らかにする.</p><p>初めに,現在取り扱われている壁紙のカタログの現状調査を行った.実際に使われている色,色数,配色,パターンをもとに,18枚の壁紙を制作し,印象評価の実験を行い,それぞれの壁紙に対する印象の特徴をまとめた.今回の被験者は筑波大学の大学生20人である.</p><p>カタログの現状調査から,壁紙は無地,幾何学模様,具象模様などの模様が利用されている.色数に関しては,1色,2色,3〜5色,または5色以上に分けられる.背景色は60%の壁紙はY〜YRの色を使っている.またはNは19%で,B系も5%を示している.</p><p>印象評価実験の結果から,女性と男性の壁紙に対する印象に有意差があった.壁紙のデザインの色に関して,大人っぽいイメージを作りたい部屋に対して,無彩色のほうがふさわしい.暖かく,明るく,派手な,柔らかく,親しみやすいイメージには,Y系の色のほうがふさわしい.模様の面から,具象的な模様はより高級に感じられる.また,円の幾何学の模様は比較的柔らかく,親しみやすいイメージがある.</p>

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

  • CRID
    1390564238105305984
  • NII Article ID
    130007676253
  • DOI
    10.15048/jcsaj.43.3__103
  • ISSN
    2189552X
    03899357
  • Text Lang
    ja
  • Data Source
    • JaLC
    • CiNii Articles

Report a problem

Back to top