A Case of Chronic PLRI with Nonunion of the Coronoid Process of the Ulna

DOI

Bibliographic Information

Other Title
  • 尺骨鉤状突起偽関節を伴った陳旧性PLRIの1例

Search this article

Abstract

<p> 16歳男性,2015年4月転倒受傷し肘が変になった.近医で短期間外固定を受けたが違和感が残存した.2016年4月再度転倒受傷.他医で診断つかず当科を受診した.可動域制限はなかったが屈伸による疼痛があり,屈曲時にclickを認めた.単純X線で内外側の剥離骨片,尺骨鉤状突起偽関節,CTで伸展位での後方脱臼を認めた.8月に手術を行った.透視下に伸展時の易脱臼性が観察された.外側を展開すると伸展回外筋群とLCULが外側上顆から一塊となって断裂していた.前方を展開,鉤状突起偽関節部を新鮮化し固定すると易脱臼性は消失した.LUCL・伸展回外筋付着部を縫合した.術後3週から伸展制限下に自動運動を開始,5週でギプスシーネを除去した.術後約1年で抜釘を行い,以降再発なく経過している.本症例はPLRIに尺骨鉤状突起骨折を合併し,後方不安定性を強く生じていた.安定性を得るため尺骨鉤状突起の固定が有効であった.</p>

Journal

Details

Report a problem

Back to top