Suppression of Chinese lantern mosaic disease by introduction of rhizome originated from heat-treated seed

  • Hayahi Saki
    Miyazaki prefecture Nishiusuki Branch Office Present address: Miyazaki Agricultural Research Institute Interdisciplinary Graduate school of Agriculture and Engineering, University of Miyazaki
  • Kurogi Shuichi
    Miyazaki Agricultural Research Institute Present address: Miyazaki prefecture Nishimorokata Branch Office
  • Takeshita Minoru
    Interdisciplinary Graduate school of Agriculture and Engineering, University of Miyazaki

Bibliographic Information

Other Title
  • 乾熱種子由来の地下茎の導入によるホオズキモザイク病の抑制
  • カンネツ シュシ ユライ ノ チカケイ ノ ドウニュウ ニ ヨル ホオズキ モザイクビョウ ノ ヨクセイ

Search this article

Abstract

トマトモザイクウイルス(ToMV)の感染がホオズキの生育に及ぼす影響と,乾熱処理を施した種子由来の実生苗から得られた地下茎を使用する栽培が,ToMV 感染による経済的被害を軽減する効果について検討した。ToMV がまん延している7ほ場を対象に,ToMV 感染と各株の出荷規格を調査した結果,ToMV の感染は規格外品の発生に影響した。また,出荷規格別に見ると,ToMV 感染株率は 3L 規格品(切り花長100cm 以上)が11.4% と最も低く,切り花長が短い規格ほどToMV 感染株率が高い傾向が確認された。規格外品(切り花長59cm 以下)のToMV 感染株率は78.7% と他の規格よりも高かった。ホオズキ種子の乾熱処理は73℃,4日間でToMV の種子伝染を防ぐことが可能であり,乾熱処理した種子由来の実生苗の地下茎を使用して栽培した結果,症状が軽減し,出荷本数が増加する効果が得られた。

Journal

References(2)*help

See more

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top