The Transformation of Female Personal Computer Instructors Who Went Through a Career Break: An Empirical Study

Bibliographic Information

Other Title
  • キャリアブレイクを経験した女性の変容 ―パソコンインストラクターを対象とした実証研究―
  • キャリアブレイク オ ケイケン シタ ジョセイ ノ ヘンヨウ : パソコンインストラクター オ タイショウ ト シタ ジッショウ ケンキュウ

Search this article

Description

今後のキャリア研究においては,キャリア構築理論など主観的な側面を含め,個人が不安定な雇用という現実に対処する戦略に関する研究の蓄積が必要と考えられる。そこで本研究においては,離職期間が個人の主観的な側面に与える影響,特に離職期間におけるキャリアが評価されにくく,自己評価が低下する傾向のある女性の離職に焦点をあてる。 本研究では,離職期間の全てをキャリアのブランクとは捉えず,そのうち自己効力感が向上した経験がある場合をキャリアブレイクとして定義し,キャリアブレイクにおける一連の心理的過程と自己効力感を向上させる経験の解明を目的とした。具体的には,女性のパソコンインストラクター19名への半構造化インタビューを実施し,修正版GTAによる分析を行った。 分析の結果,調査対象者には挫折感,停滞感,肯定感という異なる状況を経て,変化を受容し,今後の展望を考慮し,主体的な小さな行動を開始するという一連の心理的過程が存在した。また主体的な小さな行動と,それに続く自己効力サイクルが,自己効力感を向上させる離職期間の経験であった。分析結果から,キャリアブレイクの転機をサポートするには,喪失感を埋めるというより焦りを払拭することを目的とし,自身の興味に応じた情報探索や小さな一歩を踏み出せるような支援につなげていく側面に注目していく必要があると考えられる。

Previous studies have shown that females who have gone through a period of unemployment have a tendency toward low self-efficacy. However, in some communities, women who have the experience of lifelong learning can improve their self-efficacy. The purpose of this study was to analyze the transformation of female personal computer instructors who went through a period of unemployment. We defined the period of unemployment as a career break, which included the experience of improving self-efficacy through social connection. Nineteen female personal computer instructors were interviewed. The major findings of this study were as follows. (1) Those who had the experience of a career break underwent the career transition process, which was composed of several steps. (2) In the career transition process of a career break, taking small steps toward next actions and opportunities gained through social connections were important experiences for improving the self-efficacy of females.

Journal

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top