Speech and Voice Disorders in Parkinson's Disease

  • Maeno Takashi
    国立障害者リハビリテーションセンター病院リハビリテーション科
  • Oda Chihiro
    国立精神・神経医療研究センター病院身体リハビリテーション部

Bibliographic Information

Other Title
  • パーキンソン病の音声障害
  • パーキンソンビョウ ノ オンセイ ショウガイ

Search this article

Abstract

<p>パーキンソン病患者は発症初期から高率に音声・構音障害を生じる.音声・構音障害は運動症状の1つだが,小脳の機能や認知行動の歪みも関係している.投薬や手術,リハビリテーション治療が効きにくいとされてきた音声・構音障害に対して1980年代以降さまざまなリハビリテーション治療が考案されて効果をあげている.声量の大きさに着目したLSVT-LOUD®,意識することを目標にしたSPEAK OUT!®,装置による遅延フィードバックを用いたDAF(delayed auditory feedback)などである.今後はエビデンスの積み重ねと,訓練効果の長期化・般化に向けた工夫が期待される.</p>

Journal

References(10)*help

See more

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top