【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

05バ-12-ポ-27 陸上競技800m選手の競技記録とレース中のキネマティクスとの関係について

DOI

抄録

<p> 本研究では800m競技記録と、4地点(200m、350m、550m、及び750m)における走スピード(RS)、ストライド(SL)、及びピッチ(SF)の関係を明らかにすることを目的とした。競技会で800mに出場した中距離選手28名(1‘58“99±5”10)を対象とし、3台のデジタルカメラを用いて上記4地点の撮影を行った。撮影映像を基にRS、SL、SFを算出し、競技記録との関係を分析した。また、競技記録の上位群と下位群のRS、SL、SFを比較した。その結果、記録と全地点のRSとの間に有意な負の相関関係が認められた(r=‐0.712,r=‐0.803,r=‐0.817,r=‐0.594,p<0.01)。また、記録と550m地点のSLとの間に有意な負の相関関係が認められた(r=‐0.573,p<0.01)。各群の比較から上位群は全地点においてRSとSFの値が高かったが、750m地点でのSLは下位群より低い値を示した。以上の結果より、800mにおける競技記録には高いRSが必要であり、550m以降で大きなSLを獲得し、ゴールまで維持することがパフォーマンス向上に必要であると示唆された。</p>

収録刊行物

詳細情報

  • CRID
    1390846609784938624
  • NII論文ID
    130007770234
  • DOI
    10.20693/jspehss.70.183_1
  • ISSN
    24241946
  • 本文言語コード
    ja
  • データソース種別
    • JaLC
    • CiNii Articles
  • 抄録ライセンスフラグ
    使用不可

問題の指摘

ページトップへ