05バ-10-口-01 棒高跳におけるポール湾曲のメカニズム

DOI

Abstract

<p> 棒高跳の競技力にはグリップ高(ポール下端と上握り手との距離)が強く影響し、グリップ高の向上にはポールを湾曲させて下端周りにおけるポールの回転を容易にすることが有効である。ポールの湾曲には、弦(ポール下端と上握り手とを結ぶ線分)方向に作用する圧縮力(CF)と弦に対して直交する方向へ作用する曲げモーメント(BM)が貢献している。しかしながら、跳躍中のCFとBMは報告されていない。そこで本研究では、棒高跳競技者8名に試合と同程度の助走歩数およびポールを使用した試技を行わせ、跳躍中のキネマティクスデータとポールに作用する力を測定した。得られたデータより、CFおよびBM、ポールに蓄えられるエネルギーを算出した。その結果、CFおよびBMともに突っ込み瞬間に大きな値を示し、その後急激に減少した。減少後、CFはポール最大湾曲時まで増加したのに対し、BMは小さな値で推移した。加えて、ポール最大湾曲時においてポールに蓄えられたエネルギーはCFに由来するものが、BMに由来するものに対して約7倍大きな値を示した。これらの結果より、圧縮力はポールの大きな湾曲に、曲げモーメントは湾曲の初期(きっかけ作り)に貢献するものと考えられる。</p>

Journal

Details 詳細情報について

  • CRID
    1390846609785313408
  • NII Article ID
    130007770171
  • DOI
    10.20693/jspehss.70.168_1
  • ISSN
    24241946
  • Text Lang
    ja
  • Data Source
    • JaLC
    • CiNii Articles
  • Abstract License Flag
    Disallowed

Report a problem

Back to top