【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

中性子を用いた次世代型がん放射線治療:ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)

書誌事項

タイトル別名
  • A next generation radiotherapy using neutrons: Boron Neutron Capture Therapy (BNCT)
  • 中性子を用いた次世代型がん放射線治療 : ホウ素中性子捕捉療法(BNCT) : 原子炉から小型加速器へ
  • チュウセイシ オ モチイタ ジセダイガタ ガン ホウシャセン チリョウ : ホウソ チュウセイシ ホソク リョウホウ(BNCT) : ゲンシロ カラ コガタ カソクキ エ
  • From reactor to accelerator
  • 原子炉から小型加速器へ

この論文をさがす

抄録

<p> 世界初のホウ素中性子捕捉療法(BNCT)が1951年に米国の研究用原子炉を用いて実施されて以降2012年まで,BNCTは原子炉ベース照射システムでのみ行われてきた。2012年,京都大学複合原子力科学研究所に設置された加速器ベース照射システムを用いて世界初の加速器BNCTが実施された。現在,加速器ベース照射システムの開発が国内外で精力的に進められており,BNCTは特殊な粒子線治療法からより一般的な療法へと移行していく時期にある。BNCTの歴史的および技術的背景について説明するとともに,国内外のBNCT施設の現状について紹介する。</p>

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (8)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ