グローバルMOOCsの相互評価における継続参加

DOI Web Site オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Continued Participation in Mutual Evaluation of Global MOOCs
  • グローバルMOOCsの相互評価における継続参加 : 日本語発音オンライン講座の分析を通して
  • グローバル MOOCs ノ ソウゴ ヒョウカ ニ オケル ケイゾク サンカ : ニホンゴ ハツオン オンライン コウザ ノ ブンセキ オ トオシテ
  • Analysis of a Japanese Pronunciation Online Course
  • ―日本語発音オンライン講座の分析を通して―

この論文をさがす

抄録

<p> 本研究では,大規模公開オンライン講座 (MOOCs) における発音の相互評価について分析する。本講座は,世界中の日本語教育関係者に向けて無料配信されており,170の国や地域から登録した受講者は35,000名を超えている (2018年5月17日現在)。本研究は,受講者が相互評価に継続的に参加できたのか,コメントにはどのような特徴があったのかを明らかにすることを目的とする。</p><p> 分析の結果,以下のことが明らかになった。</p><p>1) 受講者の相互評価への継続参加率は高かった。</p><p>2) 相互評価に継続参加した受講者は,具体性の高いコメント (問題点,修正方法の指摘) を継続して書く傾向がみられた。また,最初は具体性の高いコメントができなかった受講者も,継続参加することによって具体的な指摘ができるようになっていった。</p><p> 以上の結果から,オンライン上でも発音学習の継続が可能であり,相互評価が受講者の学びを促すことが示された。</p>

収録刊行物

  • 日本語教育

    日本語教育 170 (0), 32-46, 2018

    公益社団法人 日本語教育学会

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ