Total hip arthroplasty for hip osteoarthritis with osteomyelitis of proximal femur in childhood: A case report

DOI

Bibliographic Information

Other Title
  • 小児期近位大腿骨骨髄炎既往のある変形性股関節症に対して人工股関節全置換術を施行した1例

Description

<p>小児期の大腿骨骨髄炎の既往のある変形性股関節症患者に人工股関節全置換術を施行した.術前評価にて活動性のある感染は確認されなかったが,大腿骨髄腔の高度な骨硬化を伴う閉塞のため,ラスピングが難航した.ノミとリーマーで髄腔形成を行い,コニカルステムを挿入することで手術を終えたが,時間を要した.小児期の大腿骨骨髄炎の既往がある場合には髄腔の骨硬化,狭小化,閉塞に注意する必要がある.</p>

Journal

Details 詳細情報について

  • CRID
    1390849931315934208
  • NII Article ID
    130007960382
  • DOI
    10.24645/jejot.32.4_579
  • ISSN
    2433569X
    13427784
  • Text Lang
    ja
  • Data Source
    • JaLC
    • CiNii Articles
  • Abstract License Flag
    Disallowed

Report a problem

Back to top