【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

衛生マスクへの着香が花粉症の不快感低減に及ぼす効果とその時間的推移

書誌事項

タイトル別名
  • Influence of Scented Sanitary Mask on Nasal Discomfort due to Hay Fever and Its Time Course
  • エイセイ マスク エ ノ キ コウ ガ カフンショウ ノ フカイカン テイゲン ニ オヨボス コウカ ト ソノ ジカンテキ スイイ

この論文をさがす

抄録

<p>本研究では,花粉症対策に衛生マスクを持続的に着用する日常生活場面において,鼻の不快感に対するマスクへの着香効果を経時的に測定した.花粉症をもつ40名の被験者が2種の衛生マスク(ミント着香,または統制として無香マスク)をそれぞれ6時間着用し,携帯機器を通じて鼻の不快感について定期的に回答した.実験の結果,着香マスクは無香マスクに比べて装着直後に鼻の不快感の低減が強く生じた.しかし,香りの有無にかかわらず,マスク着用後,30分程度で不快感の低減効果は飽和状態となった.このことは,着香マスクの着用が鼻の不快感を低減させる効果は,着用を始めてから30分までの香りの印象が大きく影響することを示している.</p>

収録刊行物

  • 人間工学

    人間工学 56 (1), 29-33, 2020-02-15

    一般社団法人 日本人間工学会

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (5)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ