[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

肥満・高血圧自然発症ラットにおけるトマト葉茶の抗高血圧作用

Search this article

Abstract

トマト(Solanum lycopersicum )葉を熱水抽出したトマト葉茶の抗高血圧作用を検討する目的で、肥満・高血圧自然発症ラットに対する単回投与試験を行った。トマト葉茶の単回投与により、トマト葉茶の用量依存的に有意に血圧が降下した。さらに、トマト葉茶の血圧降下は、トマト葉茶中のγ-アミノ酪酸(GABA)濃度と同等になるように調製したGABA溶液を投与した場合と同程度であった。トマト葉茶の核磁気共鳴(NMR)スペクトルから、トマト葉茶中にGABAが含有されることが確認された。以上の結果より、トマト葉茶の肥満・高血圧自然発症ラットに対する抗高血圧作用が明らかになった。また、その作用はトマト葉中のGABAが関与していることが示唆された。

Journal

Details

Report a problem

Back to top