[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

合奏場面での非言語的コミュニケーションの対人的効果 : 身体動作チャネルの相互作用からの検討

DOI HANDLE Open Access

Bibliographic Information

Other Title
  • ガッソウ バメン デノ ヒゲンゴテキ コミュニケーション ノ タイジンテキ コウカ シンタイ ドウサ チャネル ノ ソウゴ サヨウ カラ ノ ケントウ

Search this article

Abstract

対人的な結びつきを強化する機能は、コミュニケーションメディアとしての音楽がもつ重要な機能の1つと考えられる。合奏のような集団的音楽活動は、音響情報を中心にさまざまな非言語チャネルによる対人的相互作用の機会を提供すると考えられるが、その対人的な機能と非言語行動との関係には未検討な部分が多い。そこで本研究は、非言語チャネルとして身体動作に注目し、合奏課題を通した対人的相互作用への参与者の満足度に対し、身体動作チャネルのコミュニケーションが及ぼす影響の検討を目的とした。身体動作以外の視覚情報が除外された環境下で単純な合奏課題を実施し、課題の成績、身体動作、合奏課題を通じて実験参加者が形成する相互作用に対する満足度を測定し、これらの間の関係性を共分散構造分析によって解析した。結果から、満足度に対する身体動作のコミュニケーションによる直接的な影響がみられ、非言語チャネルでの相互作用が合奏の対人的効果を直接的に規定する要因である可能性が示唆された。

Enhancing interpersonal relationships is considered to be an important function of musical communication, especially with regard to collective musical activity such as ensemble performances. Music may serve this function by affording participants the opportunity to interact nonverbally, as well as by its acoustical properties. The present study aimed to investigate whether nonverbal communication influenced the development of dyadic rapport, through a simple ensemble task. Specifically, body movement was addressed, since it is a typical nonverbal channel used in ensemble performance. Two participants executed a synchronization task under a situation in which all visual cues other than body movement were excluded. Ensemble coordination, body movement, and self-rating for interaction during the ensemble task were measured, and the relationships among them were analyzed by means of structural equation modeling (SEM). Most remarkable of all the results, communication through body movement showed a positive direct effect on the interaction ratings.

Journal

  • 対人社会心理学研究

    対人社会心理学研究 12 51-58, 2012

    大阪大学大学院人間科学研究科対人社会心理学研究室

Details

Report a problem

Back to top