<論文>「質実剛健」 あるいは 「享楽豪奢」 : 1920—30年代北インドにおけるナショナリズムとマールワーリー・イメージをめぐる一考察

DOI HANDLE オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Gandhian or Babylonian? : A Study of Images of the Marwari in 1920s-30s Northern India

この論文をさがす

抄録

著名なマールワーリー商人の自伝や日記において、彼らはガーンディーを信奉し独立運動を熱心に支持する質実剛健な姿で描かれている。しかし1920 年代後半に刊行された人気ヒンディー雑誌の特集には、マールワーリーは享楽豪奢で後進的な姿で表象される。自己表象とは180度異なるこのイメージは、都市部に移住したマールワーリーの「他者性」だけでなく、表象する側、つまり当時の北インドエリートが直面していた自身のアイデンティティーの揺れもまた表している。近代ナショナリストとしての自己イメージを確立するため、彼らはマールワーリーに「ミラーイメージ」としての役割を課した。

収録刊行物

  • 現代インド研究

    現代インド研究 3 131-151, 2013-02

    人間文化研究機構地域研究推進事業「現代インド地域研究」

関連プロジェクト

もっと見る

キーワード

詳細情報 詳細情報について

  • CRID
    1390853649769793152
  • NII論文ID
    120005244639
  • NII書誌ID
    AA12520400
  • ISSN
    21859833
  • DOI
    10.14989/173743
  • HANDLE
    2433/173743
  • 本文言語コード
    ja
  • データソース種別
    • JaLC
    • IRDB
    • CiNii Articles
    • KAKEN

問題の指摘

ページトップへ