Some Characteristics on Woncheuk’s Understanding of Mādhyamika and Yogācāra —With a Special Reference to His Understanding of the Prajñā Sūtras, and of the Controversy between Non-Being (śūnya) and Being (bhāva)

Bibliographic Information

Other Title
  • 中観と唯識の関係に対する円測の認識の特徴─『般若経』と空有論争の認識を中心として─
  • 中観と唯識の関係に対する円測の認識の特徴 : 『般若経』と空有論争の認識を中心として
  • チュウカン ト ユイシキ ノ カンケイ ニ タイスル エンソク ノ ニンシキ ノ トクチョウ : 『 ハンニャキョウ 』 ト クウユウロンソウ ノ ニンシキ オ チュウシン ト シテ

Search this article

Abstract

第3回 日・韓・中 国際仏教学術大会論文集―東アジア仏教における対立・論争とその意義―日本東洋大学東洋学研究所・韓国金剛大学校仏教文化研究所・中国人民大学仏教与宗教学理論研究所共編

Journal

Details

Report a problem

Back to top