[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

Ally's Base Troops and Conflict Deterrence

Bibliographic Information

Other Title
  • 同盟国の基地兵力と紛争抑止
  • ドウメイコク ノ キチ ヘイリョク ト フンソウ ヨクシ

Search this article

Abstract

同盟国の兵力を多く駐留させると抑止力は高まるのだろうか。同盟による拡大抑止が配備兵力の規模によって強化されるかどうかはこれまで実証的に検証されていなかった。この研究は駐留米軍の規模が大きくなると紛争に巻き込まれるリスクが低下するのかを定量的なデータを用いて分析した。米国の同盟国を比較した統計分析の結果,配備兵力が多い国ほど紛争のターゲットになるリスクが減少するという明確な証拠は見つからなかった。また,イラク戦争時には多くの同盟国で駐留兵力の削減がされたにもかかわらず紛争リスクが高まった傾向も特に見られず,米軍の大規模兵力を駐留させることと紛争リスクに明確な関係があるとは言えなかった。分析結果は,通常戦力の大規模部隊を配備したからといって必ずしも拡大抑止が強化されるとは限らないということを示唆している。今後こうした実証研究を積み重ねて沖縄など米軍基地政策も再考していく必要があるだろう。

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top