安倍川洪水における掃流砂と浮遊砂の非平衡運動による網状流路の発達

書誌事項

タイトル別名
  • DEVELOPMENT OF BRAIDED CHANNELS BY BED LOAD AND SUSPENDED LOAD IN THE GRAVEL BED OF THE ABE RIVER DUE TO FLOOD FLOWS

抄録

<p> 本研究は,石礫を含んだ広い粒度分布の河床材料からなる安倍川網状流路において,洪水流の三次元性に伴う掃流砂,浮遊砂の非平衡土砂移動機構及び洪水中の澪筋の移動等を明らかにすることを目的としている.流れの解析は非静水圧分布を考慮した準三次元解析であるQ3D-FEBS法,掃流砂の運動には,修正長田・福岡モデル,浮遊砂の運動には後藤・福岡モデルを用いた新しい河床変動解析法を適用し,網状流路の河床の変形について実測値と比較している.その結果,本解析法が網状河川安倍川の洪水流河床変動解析に有効な手段を与えることを示している.</p>

収録刊行物

参考文献 (4)*注記

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ