2型糖尿病患者の食事回数による血糖変動と睡眠への影響 : 1事例をとおして

Bibliographic Information

Other Title
  • 2ガタ トウニョウビョウ カンジャ ノ ショクジ カイスウ ニヨル ケットウ ヘンドウ ト スイミン エノ エイキョウ 1ジレイ オ トオシテ

Search this article

Description

【目的】1日2食で血糖コントロールを維持している2型糖尿病患者に対し、1日の食事回数による平均血糖変動幅(MAGE)と睡眠効率(SE)への影響を検討した。 / 【方法】1日2食パターンと3食パターンにおいて、持続グルコースモニタリング(CGM)と腕時計型睡眠計を用いてMAGEとSE をそれぞれ14日間測定した。 / 【結果】13日間の平均のMAGEとSEは、1日2食パターンは122.8±22.0mg/dl、79.6±6.1%であり、3食パターンは114.2±23.0mg/dl、88.5±6.1%であった。それぞれを比較検討した結果、有意な差(p<.0001, d=1.45、p<.0001, d=1.43)が認められた。両パターン間の摂取カロリーには、有意差はなかった。 / 【考察】朝食を摂取する1日3回の食事は、血糖の日内変動を緩徐にする可能性と睡眠の質の確保につながる可能性が示唆された。

【Purpose】To clarify the effects of meals frequency on mean amplitude of glycemic excursions(MAGE) and sleep efficiency(SE) of a type 2 diabetic patient who eats twice a day were examined. / 【Method】MAGE and SE were measured for 14 days each using Continuous Glucose Monitoring(CGM) and Actigram in twice-meals pattern and three-times pattern per day. / 【Result】Mean MAGE and SE for 13 days were 122.8±22.0mg/dl and 79.6±6.1% in twice- meals, on the other hand, 114.2±23.0mg/dl and 88.5±6.1% in three-times meals. There were significant differences in MAGE(p<.0001, d=1.45) and SE(p<.0001, d=1.43). There was no difference in calorie intake between the two patterns. / 【Conclusion】The investigation suggests that three meals a day, including breakfast can reduce the diurnal glycemic excursion and ensure a quality of sleep.

Journal

Report a problem

Back to top