非静水圧準三次元解析(Q3D-FEBS)と個別要素法を組み合わせた山地河川の巨石の始動の評価法に関する研究

DOI

書誌事項

タイトル別名
  • EVALUATION OF THE INCIPIENT MOTION OF LARGE BOULDERS BY COMBINING NON-HYDROSTATIC QUASI-THREE-DIMENSIONAL ANALYSIS (Q3D-FEBS) AND DISTINCT ELEMENT METHOD

抄録

<p>山地河川にある大きさ1m 程度の巨石群が洪水で移動すると,周辺の土砂が大量に流出し,種々の問題を引き起こすことや,水棲生物の生息環境が変化すること等,巨石の始動・移動を評価することが必要となる.本研究では,詳細地形測量データと観測水面形に基づく非静水圧準三次元解析(Q3D-FEBS)に加え,他の石群との接触力を考慮するために個別要素法を組み合わせた巨石の始動解析法を提案し,その有効性について考察した.さらに,検討結果を踏まえ,今後山地河川の河床変動機構の解明に必要となる研究課題を示している.</p>

収録刊行物

詳細情報

  • CRID
    1390856218602795392
  • DOI
    10.11532/river.28.0_277
  • ISSN
    24366714
  • 本文言語コード
    ja
  • データソース種別
    • JaLC
  • 抄録ライセンスフラグ
    使用可

問題の指摘

ページトップへ