Investigation of sodium nitrite and heat treatment conditions to introduce mutations into the genome of watermelon silver mottle virus

Bibliographic Information

Other Title
  • スイカ灰白色斑紋ウイルスのゲノムに変異を導入するための亜硝酸ナトリウムおよび熱処理条件の検討
  • スイカ カイハクショク ハンモン ウイルス ノ ゲノム ニ ヘンイ オ ドウニュウ スル タメ ノ アショウサン ナトリウム オヨビ ネツ ショリ ジョウケン ノ ケントウ

Search this article

Abstract

スイカ灰白色斑紋ウイルス(WSMoV)の弱毒株作出を目的として,WSMoV のゲノムに変異を加えるための亜硝酸ナトリウム処理および熱処理の最適条件を検討した。亜硝酸ナトリウム処理は,WSMoV の野生株(強毒株;WSMoV-WD1)が感染した植物の粗汁液に1~4M およびpH4~7 の条件で添加した。一方,熱処理は,野生株感染植物を28℃,35℃あるいは40℃で,14日間栽培した。各処理を施した感染植物の粗汁液をペチュニアに機械接種したのち,単一病斑分離を行い,合計1006株のWSMoV 分離株を得た。それらのうち,各処理条件から無作為に選抜した52株についてNSs およびN 遺伝子の塩基配列を解析し,野生株と比較した。その結果,1M 亜硝酸ナトリウム(pH=5)処理および4M 亜硝酸ナトリウム (pH= 5および6)処理と35℃で熱処理をしたWSMoV 分離株の塩基配列において最も多くの同義置換および非同義置換が認められた。したがって,それらの条件がWSMoV のゲノムへの変異導入に適していると考えられた。

Journal

References(17)*help

See more

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top