1990年代におけるポーランド環境改善に関する分析 : ガヴァナンス論の視点から

Bibliographic Information

Other Title
  • 1990ネンダイ ニオケル ポーランド カンキョウ カイゼン ニ カンスル ブンセキ : ガヴァナンスロン ノ シテン カラ

Description

type:text

1989年革命において環境運動は重要な役割を果たしたが、革命後は下火となった。しかしEU 加盟を目指すポーランドは、経済発展を目指しつつ環境改善も図るという、厳しい政策運営に迫られた。90年代前半、国家環境政策の策定、ナショナル・ファンド、エコ・ファンドなどの制度的発展において、国家が重要な役割を果たした。90年代後半、EfE プロセスに呼応して、NGO、地方自治体などが積極的にアクター化した。ポーランドの環境改善プロセスは、多中心的社会へのシフト、分権化、市民社会の成熟を伴いながら、徐々にではあるが、着実に発展を遂げている。In the revolutions of 1989, environmental movements played a very important political role, which subsequently declined in the post-revolutionary period. In order to join the EU, Poland had to somehow manage two seemingly contradictory policies, to simultaneously develop the economy and improve the environment. In the early 1990's the, national government played a major role in maintaining the system, such as through the National fund, Eco Fund, and by creating the National Environmental Policy. In the late 1990's, NGOs and localgovernments became increasingly assertive actors on this issue in response to the EfE process. The process of improving the environment in Poland is now slowly but steadily progresing with a "shift towards a multi-centered society,decentralization of authority, and establishment of a civil society".

特集「ガバナンス論の現在」

Journal

  • Keio SFC journal

    Keio SFC journal 1 (1), 80-104, 2002-06

    慶應義塾大学湘南藤沢学会

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top