Rehabilitation Treatment for the Surgery of Lower Extremity in the Patients with Rheumatoid Arthritis

  • Takakubo Yuya
    山形大学医学部リハビリテーション部 山形大学医学部整形外科学講座
  • Wanezaki Yoshihiro
    山形大学医学部整形外科学講座
  • Takagi Michiaki
    山形大学医学部リハビリテーション部 山形大学医学部整形外科学講座

Bibliographic Information

Other Title
  • 関節リウマチの下肢手術とリハビリテーション治療
  • カンセツ リウマチ ノ カシ シュジュツ ト リハビリテーション チリョウ

Search this article

Abstract

<p>関節リウマチ(RA)の薬剤治療の進歩に伴い,手術治療にもパラダイムシフトが起き,RA患者の膝滑膜切除術,下肢の人工関節手術は,手術数の減少が報告されている.しかし,薬剤治療が進歩しても一度関節破壊が進行した大関節は,生物学的製剤の投与によってもその破壊の進行抑制は難しいとされる.さらに,RA患者の高齢化に伴う骨粗鬆症化と相まって変形性関節症の進行を認めるため,今後も一定数のRA下肢手術の必要性が見込まれる.RAは多関節罹患であるため,手術部位以外の関節の状態,疾患活動性も見極め,患者1人ひとりの病態,生活環境,家族背景,合併症を考慮しながら,総合的なリハビリテーション治療を行うことが望ましい.</p>

Journal

References(19)*help

See more

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top