ブロック練習と交互練習の単独効果と複合効果の比較検討

書誌事項

タイトル別名
  • Comparison of Individual and Combined Effects of Blocked and Interleaved Practice:
  • ブロック練習と交互練習の単独効果と複合効果の比較検討 : 学習内容の定着度,及び,確信度判断の正確性に着目して
  • ブロック レンシュウ ト コウゴ レンシュウ ノ タンドク コウカ ト フクゴウ コウカ ノ ヒカク ケントウ : ガクシュウ ナイヨウ ノ テイチャクド,オヨビ,カクシンド ハンダン ノ セイカクセイ ニ チャクモク シテ
  • Degree of Retention and Accuracy of Confidence Judgments
  • ―学習内容の定着度,及び,確信度判断の正確性に着目して―

この論文をさがす

抄録

<p> 本研究では,学習法としてのブロック練習と交互練習に注目し,それぞれの単独効果,及び,それらを組み合わせた時の複合効果を比較検討する実験を行った。大学生66名が,学習を1週間の間隔をあけて2回行い,2回目の学習の1週間後にテストを受けた。66名は,2回の学習の方法が異なる次の4つの条件,つまり,条件1(2回ともブロック練習で学習する),条件2(1回目をブロック練習で2回目は交互練習で学習する),条件3(1回目を交互練習で2回目はブロック練習で学習する),条件4(2回とも交互練習で学習する),のいずれかに割り当てられた。条件間でテストの正答率に差があるかを分析した結果,正答率は,条件4,条件2及び3,条件1,の順で高く(条件4>2=3>1),この3者の間には有意差が確認された。つまり,交互練習の機会が増えるに従って,学習内容の定着が進むことが示された。また,実験参加者には,テスト時に自身が想起した解答がどの程度正しいと思うかについての確信度判断を,多段階評定を用いて行ってもらった。その確信度判断と実際のテストの得点の関連を条件毎に分析した結果,学習者は,定着に効果を持つ学習法で学習した時の方が,確信度判断を正確に行える可能性があることが示唆された。</p>

収録刊行物

  • 教育心理学研究

    教育心理学研究 68 (2), 122-133, 2020-06-30

    一般社団法人 日本教育心理学会

被引用文献 (4)*注記

もっと見る

参考文献 (17)*注記

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ