刑事裁判例批評(270)被告人が代表者である株式会社名義の預金口座が詐欺等の犯罪行為に利用されていることを知りながら、被告人が預金を引き出す行為につき、窃盗罪・詐欺罪の成立が認められた事例[東京高裁第3刑事部平成25.9.4判決]

Bibliographic Information

Other Title
  • ケイジ サイバンレイ ヒヒョウ(270)ヒコクニン ガ ダイヒョウシャ デ アル カブシキ ガイシャ メイギ ノ ヨキン コウザ ガ サギ トウ ノ ハンザイ コウイ ニ リヨウ サレテ イル コト オ シリ ナガラ 、 ヒコクニン ガ ヨキン オ ヒキダス コウイ ニ ツキ 、 セットウザイ ・ サギザイ ノ セイリツ ガ ミトメラレタ ジレイ[トウキョウ コウサイ ダイ3 ケイジブ ヘイセイ 25.9.4 ハンケツ]

Search this article

Journal

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top