スケーラブルなモデリング技法に関する考察

書誌事項

タイトル別名
  • On Scalable Modeling Techniques

この論文をさがす

抄録

モデルベース開発、プロダクトライン開発、形式手法など、モデルを活用した開発形態では、従来以上に厳密、網羅的、詳細なモデルが求められ、結果としてモデリング作業が大規模、複雑化してきている。本稿では、開発で使われる複数のモデル間の整合性の問題に焦点を当て、部分的かつ弱い整合性を取りながら、徐々に整合性を高めていくアプローチについて、概念的な検討を行う。Recent software development techniques such as model-based development, product-line development and formal approaches require rigorous, exhaustive and detailed model, and it makes software models larger and more complicated. In this paper, we propose a modeling approach in which we firstly realize partial and weak consistencies among models, and then gradually enhance the consistencies along with the development lifecycle. We give a conceptual framework of the idea as our early research result.

収録刊行物

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報 詳細情報について

  • CRID
    1571698601963233408
  • NII論文ID
    110008583158
  • NII書誌ID
    AN10112981
  • 本文言語コード
    ja
  • データソース種別
    • CiNii Articles
    • KAKEN

問題の指摘

ページトップへ