【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

スーパレゾリューション法による高分解能ポーラリメトリックイメージング

書誌事項

タイトル別名
  • High-resolution polarimetric imaging using a superresolution technique

この論文をさがす

抄録

電磁波を用いたレーダターゲットのイメージングにおける解像度は一般的に使用する周波数帯域幅に依存する. そのような狭帯城なレーダシステムにおける高分解能イメージング手法として, MUSIC法などに代表されるスーパレゾリューション法の適用が数多く試みられている. 特に電磁波を用いたイメージングでは, ポーラリメトリックなシステムを利用することによりターゲットからより多くの有用な情報が得られることが知られている. スーパレゾリューション法においても偏波成分を利用することにより分解能の向上が可能である. 本稿では偏波情報を利用したMUSIC法による2次元イメージングに関する実験的考察を行う.

収録刊行物

詳細情報

  • CRID
    1571980077271515904
  • NII論文ID
    110003251128
  • NII書誌ID
    AN10471452
  • 本文言語コード
    ja
  • データソース種別
    • CiNii Articles

問題の指摘

ページトップへ