7365 津波被災率と従前の世帯規模からみる高台移転の選択傾向に関する一考察 : 東日本大震災における宮城県石巻市牡鹿半島の事例を通して(復興状況,都市計画,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

  • 石塚 直登
    横浜国立大学大学院都市イノベーション学府博士課程後期

書誌事項

タイトル別名
  • 7365 A consideration about the tendency to choice of collective relocation from tsunami damage rate and household size : The case of Oshika Peninsula, Ishinomaki City, Miyagi, in the East Japan great earthquake disaster

収録刊行物

  • 都市計画

    都市計画 (2014), 789-790, 2014-09-12

    日本建築学会

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ