A study of the difference between rubber exercise and dumbell exercise

Bibliographic Information

Other Title
  • ゴム運動とダンベル運動の違いについて

Search this article

Abstract

近年,欧米では筋力の低下から来る日常生活への不適応を防ぐために,重量物等を使用した筋力強化運動が盛んに行われるようになってきた。中でも,ダンベル等の重量物を用いて行うアイソトニック・トレーニングは,トレーニングの目標を重さや回数を用いて具体的に決めやすく,手軽に実施できる利点がある。このような観点から,最近ダンベルを使った運動が手軽に出来る運動として,中高年を中心に盛んに行われ始めている。しかし,ダンベル運動実践者の中から重量,回数,頻度等の過負荷からくる関節及び筋肉等の運動器の障害が多く見られるようになった。この問題を解決するために,伸縮性の高いゴムバンドを使った運動が行われるようになってきた。そこで,本研究においてはダンベルを使った運動とゴムバンドを使った運動が生体にどのような影響を及ぼすかについて,力学的に解析することで両運動の特性を明らかにすることした。その結果,力学モデルによる比較においてダンベル運動には激力と呼ばれる筋及び関節を傷害する大きな力が作用することが明らかとなった。また,力学モデルに条件を指定して検討した結果からも同様の結果を得た。従って,筋及び関節への過負荷を防ぎ,運動効果を期待するためにはダンベル等の重量物を使用した運動よりゴムを使用した運動が初心者や中高年には有効であると思われる。

The purpose of this study is to investigate the difference between rubber exercise and dumbell exercise by mechanical method. Because injured person is increasing to exercise using dumbell. Otherwise, in U.S.A. exercise using rubber is popular among older person. It is important that older person is to train their muscle sterngth, because weakening their muscle strength to lose their ability of adapting daily life. But it is necessary to keep their safty. The result of our investigation is as follows ; (1) Exercise of using dumbell have a risk of injuring their body muscles. (2) Exercise of using rubber give their body muscles safty benefits. (3) Exercise of using rubber take a safty motor prescription.

8

KJ00000048223

Journal

Citations (1)*help

See more

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top