[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

リラクセーション技術を取り入れた学内演習の試み

IR

Bibliographic Information

Other Title
  • リラクセーション ギジュツ オ トリイレタ ガク ナイ エンシュウ ノ ココロミ
  • An Attempt to Introduce Relaxation Skills into The Practice in Class

Search this article

Abstract

本研究の目的は、基礎看護技術教育にリラクセーション技術を導入することの効果を確認し、今後の教授方略への示唆を得ることである。睡眠と休息を促す援助の授業に、密封式足浴とハンドリフレクソロジーを取り上げ技術演習を行った。演習後、自らの技術評価や感想として記述された学生レポートを内容分析した。その結果、患者役と看護師役の体験による気づきや学びとして、5 つのカテゴリーと19 のサブカテゴリーが抽出された。最も記述が多かったカテゴリーは、《効果の実感》であった。以下記述数の多い順番に《実施の評価》《動機づけ》《実施による気づき》《実施中の環境》であった。相手の反応を聞きながら創意工夫を行ったり、臨床実習での試みを考えたりなど、関心の深さが伺え、ケアの受け手と提供者の視点で思考できていた。看護ケアとしてのリラクセーション技術を基礎看護教育へ導入する意義が示唆された。

source:http://ci.nii.ac.jp/naid/110009004832

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top