[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

re-inviteメッセージ偽装攻撃を考慮したSIPセッション確立方式

Search this article

Abstract

VoIPの代表的なシグナリングプロトコルであるSIPでは,メッセージの解析処理時間を短縮するため,全てのメッセージは平文でやりとりされるのが一般的である.そのため,悪意の持つ第三者にメッセージを盗聴されると,例えば,偽装されたre-inviteメッセージでSIPセッションを乗っ取られる可能性があった.しかし,全てのメッセージを暗号化すると,メッセージの解析処理時間が増大してしまう.そこで,本論文では,メッセージの一部を暗号化することで,re-inviteメッセージによるセッション乗っ取りを防ぐSIPセッション確立方式を提案する.そして,通信実験により提案方式により同攻撃が防御できることを示すとともに,メッセージ処理遅延を評価して,本方式の有効性を確認する.

Journal

Details

Report a problem

Back to top