【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

妊娠期の歯周状態と低体重児出産のリスクに関する観察研究

DOI
  • 坂本 治美
    徳島大学大学院医歯薬学研究部口腔保健衛生学分野 徳島大学病院診療支援部
  • 日野出 大輔
    徳島大学大学院医歯薬学研究部口腔保健衛生学分野 徳島大学病院歯科衛生室
  • 武川 香織
    徳島大学病院診療支援部
  • 真杉 幸江
    徳島大学病院診療支援部
  • 高橋 侑子
    徳島大学病院診療支援部
  • 十川 悠香
    徳島大学大学院医歯薬学研究部口腔保健衛生学分野 徳島大学病院診療支援部 徳島大学病院歯科衛生室
  • 森山 聡美
    徳島大学大学院医歯薬学研究部口腔保健衛生学分野 徳島大学病院診療支援部
  • 土井 登紀子
    徳島大学大学院医歯薬学研究部口腔保健衛生学分野
  • 中江 弘美
    徳島大学大学院医歯薬学研究部口腔保健衛生学分野
  • 横山 正明
    よこやま歯科
  • 玉谷 香奈子
    徳島大学病院歯科衛生室
  • 吉岡 昌美
    徳島大学病院歯科衛生室 徳島大学大学院医歯薬学研究部口腔保健福祉学分野
  • 河野 文昭
    徳島大学大学院医歯薬学研究部総合診療歯科学分野

書誌事項

タイトル別名
  • Association between Periodontal Status during Pregnancy and Risk of Low Birth Weight: An Observational Study
  • ニンシンキ ノ シシュウ ジョウタイ ト テイタイジュウジ シュッサン ノ リスク ニ カンスル カンサツ ケンキュウ

この論文をさがす

抄録

近年,妊娠期の歯周病予防は周産期の重要な課題とされているが,日本における歯周病と低体重児出産や早産との関連性を示す報告は少ない.本研究の目的は観察研究により妊娠期の歯周状態と低体重児出産との関連性について調査することである.徳島大学病院の妊婦歯科健康診査受診者190名のうち,年齢バイアスの考慮から対象年齢を25~34歳とし,出産時の状況が確認できない者,多胎妊娠および喫煙中の者を除外した85名について,歯周状態と妊娠期の生活習慣や口腔保健に関する知識および低体重児出産との関連性について分析を行った.その結果,口腔内に気になる症状があると答えた者は61名(71.8%),CPI=3(4 mm以上の歯周ポケットを有する)の者は29名(34.1%),CPI=4の者は0名であった.また,対象者をCPI=3の群と,CPI=0, 1, 2の群とに分けてχ2 検定を行った結果,低体重児出産の項目,およびアンケート調査では,「歯周病に関する知識」,「食べ物の好みの変化」の項目について有意な関連性が認められた.さらに,ロジスティック回帰分析の結果,低体重児出産との有意な関連項目としてCPI=3(OR=6.62,95%CI=1.32–33.36,p=0.02)および口腔内の気になる症状(OR=5.67,95%CI=1.17–27.49,p=0.03)が認められた.以上の結果より,わが国においても,妊婦の歯周状態が低体重児出産のリスクとして関連することが確認できた.本研究結果は,歯科医療従事者による妊婦への歯科保健指導の際の要点として重要であると考えられる.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ